FC2ブログ
20年前に出会った小犬との思い出。 ジグソーパズルのような記憶の断片を、 拾い集めて綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロリ病
2006年10月13日 (金) | 編集 |
毛布に包まれ、横たわったまま動かない大将。
電気ストーブの前で、かすかに息をしている大将を
見守りながら、朝を迎えた。

朝、大将は目を開け、起き上がった。
良かった。生きてる。意識が戻った。

でももちろん弱弱しい。クルマに乗って主人の店へ。
私は大将を抱いたまま、近くの動物病院へ行った。

正月、いろんなものを食べさせたことや、
その後の症状を詳しく話した。
大将は診察台で私にもたれて立っていた。

そして血液検査。

検査の結果が出て先生の説明。
「犬の腸炎、コロリ病ですね。
この数値(白血球のこと)で、いまよく立っていられるね。
普通の犬だったら横たわったままですよ。
この子は、心臓が強いね」と言われた。

コロリ病?初めて聞く病名だった。
※コロリ病は今で言うパルボ。下痢、嘔吐が激しく、
体力のない小犬や心臓の弱い犬はショックでコロリと
死んでしまうことから、当時、コロリ病と言われた。


コロリ病の場合、水を飲ませることも命取りになるらしい。
(嘔吐が心臓に負担になるから)

このとき、大将にどんな治療をしたのかよく覚えてない。
たぶん、抗生物質の注射を打ってもらったように思うけど。

まだ、絶飲絶食。水を欲しがるなら、氷をなめさせる程度。
それで嘔吐しないようだったら、徐々に水をあげてもいい。
1ヶ月ほど、下痢が続くかもしれないと言われた。

この頃、大将は排便、排尿は外でしかやらなかった。
家に帰って、玄関には新聞を敷き詰めた。
大将は、自分で歩けるようになっていた。

夜遅く、新聞を敷いた玄関の隅で排便。やっぱり下痢。

家のなかで粗相したことが悪いと思ったのか、
とっても申し訳なさそうな顔をして玄関の隅で、
小さくカラダを丸めた大将がふびんだった。
こんなときにそんな気をつかわなくても。

「ええよ。ここでしてもかめへん(かまわない)で、
おこれへん(怒らない)から」

1ヶ月続くかもと言われた下痢。でも家で下痢をしたのは
この1回だけだった。便は次の日から普通に。嘔吐もナシ。

みるみるうちに大将は回復していった。
知らなかったとは言え、あのとき水をあげてゴメンね。

大将の生命力の強さに感謝した。
死ななくてよかった。元気になってくれてありがとう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。