FC2ブログ
20年前に出会った小犬との思い出。 ジグソーパズルのような記憶の断片を、 拾い集めて綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスプレゼント
2006年09月28日 (木) | 編集 |
12月23日、今日で小犬とお別れ。
夕方、仕事を終えて小犬のいる主人の店へ。

私は新しく飼い主になる店のお客さんを知らない。
若い女の子らしいけど、どんな子だろう?

小犬と散歩に行ったり、小犬を抱いたり、
落ち着かずにただじっと待った。

夜、7時半頃から店の外に出てはそれらしい人が
来ないかきょろきょろ。

店の閉店時間8時になっても現れない。
「ねえ、もう店を閉めようよ。
たぶん今日はけえへん(来ない)で」と私。

それからしばらく待ったけど、女の子から連絡はなく、
けっきょくその日は、店を閉めて小犬を自宅に連れて
帰ることにした。

そして、帰りのクルマのなかで
私は小犬をこのままわが家で飼いたいと言った。
この小犬をだれにもあげたくない。

主人も小犬がすっかり懐いていて、キモチは同じ。
でも、お客さんとの約束だから、お客さんとの
話し合いでどうするか決めると言った。

そして次の日、夕方店に寄ると小犬はいた。
お客さんから連絡があり、事情で小犬を引き取れなく
なったと言う。

「ヤッター!」
これで晴れて小犬は私たちの犬に。
12月24日、神様が私たちにくれたクリスマスプレゼントだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。