20年前に出会った小犬との思い出。 ジグソーパズルのような記憶の断片を、 拾い集めて綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖い季節
2007年08月24日 (金) | 編集 |
大将は、ほとんど吠えない犬だった。子犬の頃から
店で過ごしたせいか、人にはなれていた。

子供が大将のアタマをぺちぺち叩いたり、しっぽをつかんだり、
大将にゴハンをあげてるとき、横からフードを取り上げても知らん顔。

犬に対してはフレンドリーではなかったけど、攻撃性もなかった。
ワンワン吠えまくる犬が店の前を通っても知らん顔。

ただ、私がよその犬をなでたりすると「ウォン」とひと声。
やきもちを焼いて吠える。

吠えるのはそれくらいで、家の中でもチャイムや新聞配達の
音にも吠えなかった。

動じない落ち着いた犬だったけど、そんな大将にも苦手なものが
いくつかあった。
そのひとつは雷と花火。

大将が初めて過ごした夏は、雷や花火は平気だった。
それがある日、すごい大きな落雷の音にびっくりして
私が「ギャー、怖いーーーっ」と叫んだ。

それ以来、大将も雷の音を怖がるようになってしまった。
遠くのほうでゴロゴロと聞こえてくると、ウロウロ、ハアハア。
自分のソファで寝てても私の腕と脇の間にアタマを突っ込んできて、
ブルブル震える。

花火も同様で、打ち上げ花火のピューって音がするとダメ。
子供が道で鳴らす爆竹の音もダメ。

その音がなくなるまで、私の脇にアタマを突っ込んだり、
出したり、落ち着かずに震えてハアハア。

もうひとつ、大将が苦手だったのが虫。
目の前を飛ぶ虫に、しっぽを巻いて逃げまどう。

いつもの落ち着いた大将とはうって変わった態度が
私には滑稽に見えたけど。

雷や花火の音がする夏、蚊やハエが飛ぶ夏は大将にとって
憂鬱な季節だった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。