20年前に出会った小犬との思い出。 ジグソーパズルのような記憶の断片を、 拾い集めて綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖い季節
2007年08月24日 (金) | 編集 |
大将は、ほとんど吠えない犬だった。子犬の頃から
店で過ごしたせいか、人にはなれていた。

子供が大将のアタマをぺちぺち叩いたり、しっぽをつかんだり、
大将にゴハンをあげてるとき、横からフードを取り上げても知らん顔。

犬に対してはフレンドリーではなかったけど、攻撃性もなかった。
ワンワン吠えまくる犬が店の前を通っても知らん顔。

ただ、私がよその犬をなでたりすると「ウォン」とひと声。
やきもちを焼いて吠える。

吠えるのはそれくらいで、家の中でもチャイムや新聞配達の
音にも吠えなかった。

動じない落ち着いた犬だったけど、そんな大将にも苦手なものが
いくつかあった。
そのひとつは雷と花火。

大将が初めて過ごした夏は、雷や花火は平気だった。
それがある日、すごい大きな落雷の音にびっくりして
私が「ギャー、怖いーーーっ」と叫んだ。

それ以来、大将も雷の音を怖がるようになってしまった。
遠くのほうでゴロゴロと聞こえてくると、ウロウロ、ハアハア。
自分のソファで寝てても私の腕と脇の間にアタマを突っ込んできて、
ブルブル震える。

花火も同様で、打ち上げ花火のピューって音がするとダメ。
子供が道で鳴らす爆竹の音もダメ。

その音がなくなるまで、私の脇にアタマを突っ込んだり、
出したり、落ち着かずに震えてハアハア。

もうひとつ、大将が苦手だったのが虫。
目の前を飛ぶ虫に、しっぽを巻いて逃げまどう。

いつもの落ち着いた大将とはうって変わった態度が
私には滑稽に見えたけど。

雷や花火の音がする夏、蚊やハエが飛ぶ夏は大将にとって
憂鬱な季節だった。

スポンサーサイト
イワシ泥棒
2007年08月08日 (水) | 編集 |
大将は昼間は主人の店で過ごしていた。
子犬の頃から、妙に落ち着いていて、お客さんが
来ても興奮したり、吠えることはない。

店の奥でだいたい寝てる。トイレはテナントマンションの
小さな空き地へひとりで行って、用を足したら店に戻ってくる。
排便は朝と夕方の散歩でしかしないから、昼間はオシッコだけ。

主人の店の隣は、なんどかテナントが代わった。
レンタルビデオショップだったり、カーテン屋さんだったり。
ある時期、八百屋さんがテナントに入っていた。

店先にカゴに盛られた野菜や果物が並んでいる。
トイレに行って帰ってくるとき、八百屋の店先を通っても
クンクンすることなく、素通り。

八百屋のおじさんはそんな大将を見て、
「この犬はほんまエライな~」って。

八百屋さんは野菜や果物だけでなく、乾物や干物なども
特売品として売られるようになった。

そんなある日のこと、大将がトイレに行って帰ってくる途中、
八百屋の店先に置かれてたイワシをいきなりパクッ!

店の前でそれを見てた主人が「たいさん、コラッ!」と。
口からイワシの尻尾が出たまま、大将は空き地へ走る。

♪おさかなくわえたドラ猫(犬)、追いかけて~♪
まさにそんな光景。

大将は空き地ですぐさま逮捕。口からイワシを取り上げた。
主人は、八百屋のおじさんに平謝り。

八百屋のおじさんは、「いやいや、かまへんかまへん」
「犬やもん、しゃーないしゃーない」と。
おじさんの家でも犬を飼っているせいか、寛容に許してくれた。

大将は主人にこっぴどく叱られてしょんぼり。

この出来事は、夕方私が仕事からの帰り、店に立ち寄ったときに、
主人から聞いた話だった。
私はその光景を浮かべて、ただ笑うだけだった。

これ以降、2度と泥棒することはなかったけど、
店の前では、引き綱で繋留されるようになった。


喰わず嫌い王
2007年07月11日 (水) | 編集 |
大将が、犬として犬らしくないところは食に対して
ほとんど執着心がなかったこと。

いや、正確に言うとコロリ病になってから、食べ物の趣向が
変わった。以前は食べてた野菜やドッグフードをあまり
食べなくなった。

散歩から帰っていつももらうのはちくわ。
丸ごと1本を両手で持って、満足そうにたいらげる。

ゴハンは夕方1回。ドライフードをやってたけど、
これはほとんど食べない。

「ほら、ゴハン。おいしいで~」と言っても無視。
なかなか食べないのを待ってると、だんだんイライラして
「はよ、食べて!」と、語気が少々きつくなるけど、
大将はフード椀をちらっとのぞいて、ひと口ほど食べると
あとは、ほとんど残す。

結局、ほぼ毎日残ったフードはゴミ箱行き。

あんまり食べないから、ある日、牛レバーをボイルして
フードに入れてみた。
レバーとレバーの味がついてそうなドッグフードだけを
食べた。ドッグフードは残るけど、それでも
普段よりは食べる。

それからは、ほぼ毎日のように茹でたレバーをトッピング。
ときどき茹でたキャベツを入れてみたけど、
それはほとんど食べずに残した。

大将が食べるのはちくわと肉類だけ。

家で焼肉をすることがある。
コタツの座卓で肉を焼いて食べる。
肉や野菜はテーブルの上や下に置かれてる。

大将は生肉は食べないから、すぐ目の前にあっても
知らん顔で、その横で寝てたりする。

肉が焼けると、横に座って待つ。
焼肉を数枚、大将にやる。「あげる」と言う言葉は
理解してたから、「大将、あげるで」と言うと
その人の横に座ってもらう。
適量をやって、両手をヒラヒラして「おしまい」と言うと、
自分の定位置に戻って寝る。

そのあと、焼肉を続けていてもおとなしく寝てる。

とくに教えたわけでないけど、焼肉のときだけこんな感じだった。

普段の食卓は、いつも大将に先にゴハンをあげてたから、
私たちが晩ご飯を食べてるときは、自分の定位置か
わたしの横で寝てる。

大将を拾ってすぐの頃、車に大将を置いて私たち夫婦は
食べ物屋に行った。食事をして30分ほどで戻ると、
車に置いてあった食べ物を大将が盗み食いしていた。
空の容器を見せて、叱った。

以前も書いたけど、大将は1度叱ると2度やらない。
それ以来、車に食べ物を置いて留守番させても食べなかった。

それは家の中でもいっしょで、コタツの上に食べ物
(料理やお菓子)を置いて留守番させても大将は
盗み食いすることはなかった。

置いてあった食べ物が、大将が食べられないもの
だったのかもしれないけど。

毎日晩ゴハンをあげるのに苦労したけど、
食わず嫌い王、散歩で拾い喰いすることなく、知らない
人からはたとえ好物のちくわでも食べない犬だったから、
いっしょに暮らすうえではラクだった。

そんな大将がある日とんでもないことを・・・。


ハゲ犬
2007年02月01日 (木) | 編集 |
ある日、大将のオデコにハゲができた。

ちょっと気になりながら数日。ほっぺのあたりの
毛も抜けてきたような。

いつもの病院へ。
コロリ病以来、病院へ行くのがキライになってしまった大将。
病院を目の前に、横断歩道でストライキ。

引っ張ってもウンともスンとも動かない。

しかたなく、抱っこして横断歩道を渡って、
病院の扉を開いて無理やり、押し入れる。

待合室ではガタガタ。そして私のヒザの上によじ登る。

診察室の台に乗せると、カラダ半分、私の胸にピタッと
くっついたまま。
でも、暴れることはないので、私がそのまま保ていして
診察してもらう。

ハゲは、皮膚内にいる寄生虫によるものと先生の説明。
(おそらくアカラス症だったと思う)
治療せずにほっておくと、全身ハゲになる可能性ありと
言われて、ギョッ。
シャンプーの薬浴でしばらく様子を見てくださいとのこと。

それとなぜか目が結膜炎になってた。
目薬と薬用シャンプーなどをもらった。

家では1~2日おきにシャンプー、目薬も毎日。
家に来てすぐ、洗われてからお風呂はキライ。

「大将、お風呂」って言うと必ずタヌキ寝入りする。
でも、いったんお風呂に入れるとおとなしい。
じーっとしたまま洗われてる。

目薬もイヤがることなく点せる。

ハゲはそのまま広がらず治まった様子。
そのうち、ハゲてたとこにも毛がはえてきて完治。
ハゲ犬にならなくて良かった。

コロリ病と言い、治りが早いのが大将のいいところ。
でもキミってけっこう病院代がかかるんだね。
聞き分けのいい子
2006年12月14日 (木) | 編集 |
コロリ病から無事生還し、すっかり復活した大将。
ある朝、ガリっと言う音で目が覚めた。

起きると、居間でテレビのリモコンをかじってた。
「コラ!」
鼻先をパチンッ !!!
玄関の靴をくわえることもあったけど、それもダメと叱った。

ちょうどこの頃、歯の生え変わりだったのだと思う。
ナニかをかじりたいのだ。
犬用のガムを買ってみたけど、これはあまり気に入らなかった。

昼間は主人の店にいる大将。
フロアーに置かれた商品もあったけど、それは決してかじらなかった。
主人が不要になったプラスチッククハンガーを大将に与えた。
「これやったら、かじってもええで」

この意味を理解したのか、
主人が座る動力ミシンの足元で、ハンガーをガジガジする。

以前にも書いたけど、大将は1度叱ると2度目はやらない。
家のリモコンも1度叱ってからは、2度とかじらなかった。

与えたハンガーを唯一のオモチャにして、歯の生え変わりとともに
ハンガーをかじることもほとんどしなくなった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。